SEO

SEOコースでは、検索エンジンで上位表示を獲得するための手法を学習します。SEOは検索エンジンで上位表示を獲得することで、ユーザーを獲得できるマーケティング手法の1つです。長期的にユーザー獲得単価(CPA)を安くすることができる上に、プラットフォームでは自浄作用が働くことでグロースループにも繋がる手法なのでしっかりと学習して自社プロダクトに活かしましょう!

概要

章構成 全5

目安時間 約5時間

1SEO 1章

このコースで身に付くこと

SEOコース第1章では、「SEOとは何なのか」「クロールバジェットとは」という初学者向けの基本的な内容から始め、「なぜSEOが必要なのか」「マーケティング目線におけるSEO」などのマーケティングにおけるSEOの役割などを学習します。第1章で、SEOの細かい内容を学習する前の大前提をしっかりと理解しましょう!

実際のレッスン

  • レッスン1

    SEOとは。検索エンジンの仕組みについて

  • レッスン2

    クロールバジェットについて

  • レッスン3

    なぜSEOは必要なの?SEOとリスティングの違い

  • レッスン4

    Googleの改善の歴史

  • レッスン5

    マーケティング目線でのSEOの考え方

  • レッスン6

    モバイルファーストインデックス(MFI)とは

  • レッスン7

    SearchConsole、GoogleAnalytics、キーワードプランナーについて

2SEO 2章

このコースで身に付くこと

SEOコース第2章では、「titleタグやhタグの効果」といったSEOの中でも最もポピュラーなコードの効果から「canonical、noindex、nofollowタグの効果」といったSEOの中でも少し難解なコードの効果を学習します。第2章も、まだどのサイトでも必須の知識なので、サイト運営を志す場合は熟知しましょう。

実際のレッスン

  • レッスン1

    1ページ1キーワードの原則について

  • レッスン2

    titleタグやdescriptionタグの効果

  • レッスン3

    hタグの効果

  • レッスン4

    ul,liタグ、strong,bタグ、OGPタグの効果

  • レッスン5

    canonicalタグ,nofollowタグ,noindexタグの効果

3SEO 3章

このコースで身に付くこと

SEOコース第3章では、オウンドメディアでは必須知識の「サジェストや共起語について」やプラットフォームでは必須知識の「パンクズリストや構造化マークアップ、リンクジュースの概念」を学習できます。少しニッチな内容ですが、中級者のSEOマーケターを目指して学習しましょう。

実際のレッスン

  • レッスン1

    アンカーテキスト、altタグの効果

  • レッスン2

    サジェスト、共起語、サジェストの抽出方法について

  • レッスン3

    構造化マークアップについて

  • レッスン4

    リンクジュースとは

  • レッスン5

    URLは分析しやすい形にしよう

4SEO 4章

このコースで身に付くこと

SEOコース第4章では、「SEOとドメインランクの関係性」を被ドメイン獲得の側面から「PR」「バイラルマーケティング」「エンジニアリングマーケティング」の3つの手法を交えて学習します。またブラックハットSEOとして「クローキング」や「インタースティシャル広告」などうっかり間違えて対応してしまうような事例も取り上げていきます。

実際のレッスン

  • レッスン1

    SEOは総合格闘技になりつつある

  • レッスン2

    ドメインランクと被ドメイン数について

  • レッスン3

    3種類の被ドメインの獲得方法

  • レッスン4

    セッション、CVRを確認しよう

  • レッスン5

    コアウェブバイタルLCP,FID,CLSを意識しよう

  • レッスン6

    5つのブラックハットSEO

5SEO 5章

このコースで身に付くこと

SEOコース第5章では、「e-a-tが効きやすい領域とその背景」や「SSRとSPAにおけるSEOの最適化」などを学習できます。かなり難易度の高い内容ですが、上級者を目指して学習していきましょう。

実際のレッスン

  • レッスン1

    E-A-Tとは

  • レッスン2

    SSLとは

  • レッスン3

    ページの年齢とSEOの関係性

  • レッスン4

    意図的にインデックスするにはどうすればいい?

  • レッスン5

    SEOにおけるSSRとSPAの最適な使い分け